2010年04月22日

障害者自立支援法 「机上の空論作らぬ」定期協議で厚労相(毎日新聞)

 東京地裁で21日、障害者自立支援法違憲訴訟が和解し、集団訴訟がすべて終結したのを受け、同日午後、原告側と政府の「基本合意」の進展を検証する初の定期協議が開かれた。この後、首相官邸を訪れた原告側と面会した鳩山由紀夫首相は「自立支援法でご迷惑をかけて申し訳ない。新しい法律を作り上げる願いを皆さまと共有している」とあいさつした。【野倉恵】

 基本合意は▽同法を廃止し13年8月までに新法を制定し、策定に障害者が参画▽制度の谷間を作らないための障害範囲見直し▽低所得者の医療費負担を当面の重要課題とする−−などの内容。定期協議で長妻昭厚生労働相は「机上の空論で政策を作らず、現状をつぶさに把握したい」と述べた。

 原告だった秋保喜美子さん(広島県)や家平悟さん(東京都)らは▽応益負担の速やかな廃止▽利用実績に基づく日払い制度で減った施設の報酬を、月払い制度に戻す▽地方分権推進でサービスの地域差を拡大させない−−など10項目を求めた。政府側は「検討する」(山井和則政務官)などと答えるにとどまった。

 今後の新法制定は、財源など課題が山積する。支払い能力に応じた負担とする方向で▽現行の障害程度区分見直し▽難病や発達障害、高次脳機能障害など範囲見直し、などが焦点。低所得者の医療費無料化(財源約200億円)も不透明だ。協議の場となる政府の「障がい者制度改革推進会議」は専門部会を今月下旬、発足させる。

 官邸では、脳性小児まひの和歌山市、大谷真之さん(35)が「障害者の多くが生きるか死ぬかの思いをした。一人一人が夢と希望を持って暮らしたい」と述べた。鳩山首相は床にひざをつき、約60人と懇談した。

【関連ニュース】
自立支援法訴訟:東京地裁でも和解成立 一連の14件終結
障害者自立支援法:「違憲」訴訟 名古屋地裁でも和解
郵便不正公判:「自立支援法」供述 副検事が誘導認める
障害者自立支援:「1割負担訴訟」旭川地裁で和解成立
名古屋地裁:点字訴状を受理 梅尾さん「障害者の励みに」

川端康成文学賞に高樹のぶ子さん(時事通信)
高速で車乗り捨て走って逃げる 無免許容疑の男逮捕(産経新聞)
製薬・医療機器業界からヒアリング―国民の医療を考える議連が初会合(医療介護CBニュース)
<雑記帳>「イルカのぼり」スイスイ 青森(毎日新聞)
動き出す大阪「都」構想 どんなメリットあるのか(J-CASTニュース)
posted by アカイケ チアキ at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

<ゆるキャラ>日光仮面にとちまるくん 栃木県庁前にずらり21体(毎日新聞)

 ◇12市町と県21体集合

【京都】仏教界にも「ゆるキャラ」ブーム!?

 県内の自治体などが制作したマスコットキャラクター「ゆるキャラ」で魅力をアピールしようと、県は13日、県庁前で福田富一知事も参加して広報番組の撮影を行った。12市町と県から集合した「とちまるくん」や「日光仮面」など21体の着ぐるみに囲まれ撮影を終えた福田知事は、「これだけ集まるとすごい。うれしくなっちゃうね」と笑顔で話していた。

 県の広報番組「栃木のきらめき」はとちぎテレビで毎週月曜日午後7時15分から放送(木曜日に再放送)されており、13日撮影分は5月10日に放送予定。TOKYOMXや京都放送などでも放送される。【泉谷由梨子】

【関連ニュース】
親鸞:750回御遠忌前に「鸞恩」くんなどキャラ3体
掘り出しニュース:山口・湯田温泉の「白狐まつり」盛大に ゆるキャラ縄跳びも
福田知事:広報番組撮影 「ゆるキャラ」で魅力をアピール /栃木
しろまるひめ:観光大使として頑張って 姫路市のゆるキャラに住民票 /兵庫

障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」−名古屋高裁(時事通信)
女性の上電車通過 すきまに体…無事(産経新聞)
社会福祉法人の経営状態判定のチェックリストなど導入へ―東京都(医療介護CBニュース)
鳩山首相「覚悟決めて臨んでいる」=普天間の5月末決着で(時事通信)
春姫道中 徳川義直の正室こし入れの様子を再現…名古屋(毎日新聞)
posted by アカイケ チアキ at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

小児臓器移植に向け省令・GL作成へ―臓器移植委員会(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月5日、「厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会」(委員長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)の会合を開いた。改正臓器移植法の7月施行を前に、同法に関する省令やガイドラインの策定に向けて下部組織が議論した小児からの臓器提供をめぐる課題について、各担当者が検討結果を報告。厚労省では、これらの内容を踏まえた素案を4月下旬をめどに作成する方針で、次回の同委員会に諮った上で、5月中旬にもパブリックコメントの募集を開始する。

 会合では初めに、改正臓器移植法をめぐって小児からの臓器提供を制度面から検討した「小児からの臓器提供等に関する作業班」の新美育文班長(明大法学部教授)が報告。同作業班の議論で最大の焦点となった被虐待児への対応については、「担当医だけで虐待の有無を判断せず、ソーシャルワーカー等を交えた虐待診療を通じて判断する」とし、「虐待が児童の死亡に関与していた疑いや、虐待を受けた疑いそれ自体が否定された場合には、臓器提供は可能」と結論付けた。
 続いて、小児の法的脳死判定基準について医療従事者が中心になって研究を進めたグループが、脳死下臓器提供者から被虐待児を除くためのマニュアルを発表。マニュアルでは虐待の可能性が疑われるケースについて、▽新旧の複数の外傷などを見つける「虐待に特徴的な皮膚所見」▽交通事故以外で発生した硬膜下血腫などを見つける「頭部CT」―など5つのカテゴリーで18項目にわたるチェックリストに照らし、その結果によって取るべき対応方法をフローチャートに示している。

 これらの報告に対して委員からは、「虐待の疑い例を、疑いなしと判断するところは極めて重要。より慎重な議論が必要」「脳死判定は、虐待対応の人も加わったチーム医療であるべき」などの声が上がり、医療現場の虐待をめぐる判断や対応については、次回も議論を継続することになった。


【関連記事】
児童死亡に虐待の深い関与なければ臓器提供可能に―厚労省作業班が提言へ
「虐待」判断基準をより明確に―臓器移植作業班
ドナーカードの様式変更案を了承―臓器移植委
ドナーカードなどの意思表示方法で議論―臓器移植・普及啓発作業班
臓器提供しない意思の確認、家族への聞き取りなど3点で

「政官業」の癒着を一刀両断=竹光を手に宣言−鳩山首相(時事通信)
飲酒運転 取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間(毎日新聞)
フィギュア 高橋大輔選手が地元・岡山でパレード(毎日新聞)
社民党が青森選挙区で元三沢市議を公認(産経新聞)
生活保護受給者の自殺率、全国平均の倍以上(産経新聞)
posted by アカイケ チアキ at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。